気をつけているポイント:消防法

気をつけているポイント:消防法 民泊運営代行は、オーナーより物件を預かり管理する立場になりますが、気を付けることとしては法律違反にならないことです。その一つとしては消防法が存在し、それは建物の火災からゲストを守るために必要な措置を行っているかどうかが問われるケースがあります。
日本の家屋は木造を主体とした建物が多いため、木造建築の弱点は火災などの原因により人命が損ねたり、周囲の建物を延焼してしまい、莫大な被害がでることが予想されます。そのため消防法の法律に則った形で建物の管理を行うことがポイントになります。
民泊運営代行では、ゲストに宿泊する場所をオーナーを代理して提供を行うため、提供をするための規制などには常に敏感とならなければなりません。物件の性質や特徴によって規制の内容が違ってくるため、それを把握していることが重要です。
もちろん民泊運営代行の業者は、必要があればオーナーと相談の上に必要な措置を果たすようにする義務も生じます。

重要な民泊の法律上の建物構造について

重要な民泊の法律上の建物構造について 日本では、民泊と言う旅館業許可はありません。宿泊事業は、不特定多数の人が出入りするため犯罪の温床になる可能性を秘めています。民泊新法による民泊では、構造上の定めも台所・トイレ・浴室など住宅に備わる設備があればよいです。ただし構造上の問題で気を付ける必要があるのが、住宅宿泊事業として必要な法律で消防法による規制がされていることがあるのでチェックが必要です。対象となる建物が適合した建物になっているかを確認する必要があります。

またオーナーが不在型の施設では、民泊運営代行の会社に全ての業務を丸投げすることが必要になります。一部をオーナーがやったり複数の民泊運営代行会社に依頼することは認められていません。このため、民泊新法の施行に合わせて旅行業界や不動産業界の大手が民泊運営代行に参入することで競争が非常に激しくなります。民泊運営代行ができる業務の範囲は広く、鍵の管理からマニュアルの準備まで外国人対応ができます。

新着情報

◎2019/3/7

気をつけているポイント:消防法
の情報を更新しました。

◎2019/1/15

法律に対応できる民泊運営
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

民泊運営代行にまつわる法律
の情報を更新しました。

◎2018/8/3

効率よく集客するなら民泊運営代行
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

収益重視なら民泊運営代行を
の情報を更新しました。

◎2018/5/16

サイト公開しました

「民泊 消防」
に関連するツイート
Twitter